ミュゼのハイジニーナ効果を体験談をもとにチェック!

フレキシブルな対応をしてくれるミュゼ

ミュゼプラチナムというと、両ワキ脱毛の激安店というイメージがあるのですが、全身脱毛やハイジニーナ脱毛についても、かなり力を入れている上にセットコースも充実していて、両ワキの脱毛がプレゼントなんていう特典がついていたりします。 サロンで脱毛が進行していくうちに、ハイジニーナ脱毛に興味を持つ人も少なくありません。体の部分的な脱毛をすると、今まで気にならなかった他の部分のムダ毛が気になり始めたりすることも多いものです。

最近、ハイジニーナ脱毛をする人が増えてきています。この脱毛をすることによって、下半身を衛生的に保つことができるとわかってきたからということと、なんといっても爽快感が得られるということ、有名人たちも施術をしていることなどが理由のようです。

ハイジニーナって?

ハイジニーナ脱毛というのは、Vラインから内側の部分のことです。VIOラインと言います。 ミュゼプラチナムでのVIOラインの脱毛は、Vライン、トライアングル上、トライアングル下、Iライン、ヒップの奥の5部位です。これらはSパーツの料金になりますので、それぞれ4回で12000円、6回で18000円です。キャンペーンなどで安くなることもありますので、たまにチェックしたほうがいいかもしれませんね。

また、表示価格以外のローション代や、施術部分の剃り残しがあった場合のシェービング料金も取られることはないので、嫌な思いをすることもありません。紹介制度もありますので、こちらを使うことで、リーズナブルに利用できますよ。 ハイジニーナ脱毛でお手入れしてもらう部分は、とてもデリケートな肌ですし、自己処理が難しい部分でもありますが、施術の2、3日には自分でムダ毛の処理をしなければいけません。

ミュゼのハイジニーナ脱毛はほぼ痛みなし

このミュゼプラチナムでは、自己処理が甘い場合にはサロンで処理してもらえるのです。他のサロンでは処理料金を取られたり、施術自体を断られてしまうことだってあります。シェーバーを持ち込んで、処理が甘い場合には処理をしてもらうこともできるので、とても助かりますよね。 VIOラインをどこまで、ムダ毛処理をするのかということも、スタッフとの打ち合わせをして決めることになります。IOラインは人目にさらされることもない部分ですし、ムダ毛がない方が生理中などは衛生的なので、全部脱毛する人も多いようです。前から見えるトライアングルの部分は、あまり複雑な形は無理らしいのですが、小さめの三角形、指2~3本分の長方形、卵型などの形にデザインもしてくれます。

デリケートゾーンの痛みに対する不安もあると思います。でも、ミュゼプラチナムでの施術はS.S.C脱毛という方法で、専用ジェルを塗布し、ジェルの成分を浸透させて、肌へのダメージを少なくしています。ですから、痛みもほとんどないのです。 ミュゼプラチナムでは、強引な勧誘もありませんし、断ったからといって対応が悪くなったりすることも一切ありません。対応については、かなり画一化されているらしく、スタッフによっての当たり外れがないようです。余計なことは話さず、それでいて必要なことはきちんと聞いてくれたり、話してくれたりするので、気を使わないで済むサロンのようです。

何回すれば生えてこない?VIO脱毛の回数は?

夏ですね。海ですね。水着ですね?! やっぱり夏に水着はかかせませんね。プールに行ったり、海に行ったりする予定はお決まりですか? 水着を着る予定の人は、アンダーヘアのお手入れは済んでいますか? アンダーヘアってなに?という人は流行に乗り遅れている?かもしれません!

アンダーヘアというのは、カンタンにいいますと。ショーツからはみ出てしまうあの毛のことです。 ショーツからはみ出ているだけでもカッコ悪いのに。水着になったときに横からはみ出ているなんて恥ずかしいヽ(;´Д`)ノ

そんなことにならないように今からでも遅くないです。ぜひVIO脱毛をしましょう!!! VIO脱毛はアンダーヘアの毛をV(ビキニライン)I(又周り)
O(おしりの毛)を表したものです。もちろん、全部対応することはできます。

いきなりVIO脱毛を全てしてしまうのが怖い!という人には、Vラインのみのお手入れもあります。Vラインだけでもお手入れしておけばあとは、
自信を持って水着を着ることができますね♪キワドイ系のビキニだとけっこう脱毛したほうがいいかも?VIO脱毛の回数は、平均すると5~10回以上のようです。私がやったときは8回ぐらいで終わったかな? Vラインなら気軽にできますし、ミュゼでもVライン脱毛し放題メニューがあります。まずは気軽にミュゼに相談してみましょう♪

体臭には医療治療が必要な理由

無臭には3つの理由があげられます。
1つ目は、特別な油性特異臭の原因になる少量の油性液体のバクテリアによる分解の為です。2つ目は、この特悪臭のコントロールが研究により比率的に特悪臭が少ない事が分かっています。

3つ目は、対照的に臭汗症を非常に多く持っている人でも、アポクリ腺が出て来るある時期から無臭になります。
それは個人的に差はあります。その時期は8歳から14歳の年齢で出てきます。それは生じてくる汗腺によるものだと分かっています。アポリス腺は、理学的と異なった所で人体に貢献し、効果を高める役割を担っています。

医学的な皮膚の見地からして、人体の皮膚の組織的見解は皮膚の真下でエクリン汗腺が発生し働き、それより皮下組織でほとんどのアポクリ腺は発生すると理解されています。しかし今の所、正確な位置はまだ知られてはいません。 対照的に臭汗症「体臭」が不快な臭いを発する皮膚を持っている人である場合は医療治療が必要です。

それはその事でとても悩んでいる人の中には消臭の為に香水をつける人もいるでしょう。しかしそれが出来ない時、
人とすれちがっても臭いがする事がわかる様な方の場合は多くの悩みを抱え込んでしまう事になります。そして時に自分の体臭の悩みについて

「他人には理解されない」という事で悩みが深く辛い思いをして苦しんでいる事実は大変辛い事です。その場合、医学的な化学物質使用をする事で多くの悩みは改善されます。

冬こそ脱毛!脱毛サロンがいい理由

露出の多い春夏に比べると、冬は長袖にパンツスタイルが殆どになり手足の脱毛処理も疎かになりがちですが、この前、友人たちと温泉に行った時に脱毛し忘れていて恥ずかしかったです。
普段はT字カミソリでお風呂のついでに剃ってしまっていたのですが、本当に油断していました。脚がつるつるの子はエステで脱毛処理したという子や、温泉に入るから前日に剃ってきたという子もいましたが、話を聞いた限りだと家庭で自分での脱毛処理は今もT字剃刀を使う人が多いようです。
かつては家庭用の脱毛器を購入することも考えましたが、自分でその機械を使って少しずつ脱毛する手間と時間を考えるとまだエステに通ってやってもらった方が良さそうですね。
今はエステも昔に比べるとリーズナブルで選択肢も多いですし、露出の季節が来る前に考えてみたいと思います。